> メモ帳
アイアンガーヨガ百科全書の各項目は、
日々増補を重ねます。
時々チェックして下さいね!

「ヨガ・インスティチュート京都駅」のHPへ戻る→http://www.iyengaryoga-kyoto.com
> フォロー中のブログ
> 最新のコメント
山口さんのアサナの講座で..
by 富田 at 19:48
小澤さん 7月19日に..
by iyengar-encyclo at 15:43
赤ちゃんの安全に気を配り..
by iyengar-encyclo at 02:49
これからもたくさんの情報..
by まゆ at 17:47
> 1980年出版のヨガ本 (The yoga book in 1980)
1980年出版のヨガ本 (The yoga book in 1980)

日本の第1次ヨガブームのころ(1980年代)、多くのヨガ本が出版されました。今でも古書店でよく見かけることがあります。そういった本を手に取り、パラパラと見ていると、アイアンガー方式(Iyengar method)とは全然違うアサナの写真ばかりで、「昔は、こういうポーズが良しとされていたのだなあ」と驚かされます。ハラアサナなどはブランケットを使わず、写真で見ていても首が圧迫されているのがよく分かり、「これでは、きっと首を痛めた人も多かったことだろう」と心配になります。

先日、百万遍の古本市で、1冊のヨガ本を手に取りました。パラパラと写真ページを見ていたら、「あれっ! このアサナ、アイアンガー方式に似ているなぁ」と思いました。それは、「かしいけいこ(香椎景子)」という方の書いた「ヨーガを学ぶ人のために」という本でした。パリプールナ・ナーヴァアサナでは背中が真っ直ぐになっているし(他の一般のヨガ本では、背中が丸くなっている写真ばかりです)、パリブルッタ・パールシュヴァコーナアサナではヒザが90度になっている(他の本では90度になっていることはマレです)。

気になったので奥付を見ると、やっぱり! アイアンガーヨガを経験した方でした。奥付には「1977~1978年にかけて、インドのプーナ(poona)にあるアイエンガル(B.KS Iyengar)研究所に入り、アイエンガル氏の指導を受け」と書いてあります。「アイアンガー」導師を、「アイエンガル」と表記するあたりは、興味深いところです。私はアイアンガーヨガの先生先輩たちからは、この方の名前を聞いたことはありません。きっと現在の日本のアイアンガ-界とは違った系統から、アイアンガーヨガに近づいた方なのでしょう。こういう方から、初期の日本人とアイアンガーヨガの接点の歴史について、お話を聞かせてもらえると面白いだろうなあと思います。

「ヨーガを学ぶ人のために」かしいけいこ、1980年、池田書店、271頁、1500円。
a0274392_2082847.jpg

執筆者:山口博哉
京都駅の近くで、アイアンガーヨガの教室「ヨガ・インスティチュート京都駅」を開校しています。詳しくは下記にアクセス!


公式HP:
http://www.iyengaryoga-kyoto.com
ブログ「アイアンガーヨガ百科全書」:
http://yogaforall.exblog.jp/
フェイスブック「アイアンガーヨガ随筆」:
http://www.facebook.com/iyengar.kyoto
ツイッター「アイアンガーヨガ in 京都!」:
https://twitter.com/#!/iyengar_kyoto

アイアンガーヨガ in 京都!
    ~京都にアイアンガーヨガを広めよう!~

[PR]
by iyengar-encyclo | 2013-11-10 20:08 | その他のアイアンガー文献

アイアンガーヨガのあらゆる情報をすべての人に!
by iyengar-encyclo
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> 最新の記事
信じる力
at 2016-05-31 00:09
ヨガアサナの名称
at 2016-05-20 20:55
ヨガ・インストラクターとして..
at 2016-05-18 00:01
子供への虐待
at 2016-05-10 20:54
ヨガの映画
at 2016-04-15 23:18
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧