> メモ帳
アイアンガーヨガ百科全書の各項目は、
日々増補を重ねます。
時々チェックして下さいね!

「ヨガ・インスティチュート京都駅」のHPへ戻る→http://www.iyengaryoga-kyoto.com
> フォロー中のブログ
> 最新のコメント
山口さんのアサナの講座で..
by 富田 at 19:48
小澤さん 7月19日に..
by iyengar-encyclo at 15:43
赤ちゃんの安全に気を配り..
by iyengar-encyclo at 02:49
これからもたくさんの情報..
by まゆ at 17:47
カテゴリ:私のヨガ随筆( 12 )
アイアンガーヨガで解消する3つの不安
アイアンガーヨガで解消する3つの不安

多くの人は人生に3つの大きな不安を抱えています。それは…

1.病気で苦しむかもしれない不安

2.生活が崩壊するかもしれない不安

3.孤独にさいなまれるかもしれない不安

将来健康を害して寝たきりになり、身を切られるような痛みで四六時中、苦しむかもしれない不安。

経済的に破たんしホームレスになるかもしれないという不安。

肉親からも友達からも見放され、誰にも相手にされなくなって淋しい淋しい毎日を送るかもしれないという不安。

こういった不安は誰しも多かれ少なかれ抱えていますが、私はアイアンガーヨガの修得を通じて、ほとんど不安を感じなくなりました。

アイアンガーヨガさえ練習していたら(最高級の健康を得るのは難しいかもしれませんが、)日常生活に何ら支障のないレベルの健康は確実に得られます。

また、慎ましやかな毎日を維持できる程度の生活力なら生涯にわたって身につけられる…という根拠のない自信が、アイアンガーヨガの練習から私は得ることが出来ました。

そしてアイアンガーヨガの練習を重ねるうちに、かりに将来ひとりぼっちになっても淋しさに苦しまないだろうという、これまた根拠のない自信を得ることが出来ました。(それ以前に、アイアンガーヨガを身につけるほどの人ならば、きっと多くの人から愛される人間になるはずだと思います。)

もちろん将来のことは分かりません。80才まで生きるとしたら、こんな私に限って3つの不安に苦しむ老後を過ごしているかもしれませんね()

でも少なくとも、45歳の今から80歳までの35年間、根拠のない不安におびえ続けることなく、根拠のない自信に支えられる35年間を生きるほうが、ずっと楽しいし気持ちもラクです。

全ての苦しみから解脱するには、相当アイアンガーヨガの練習を積まねばなりませんが、そこそこ楽しくて活気に満ちた人生ならば、あるレベルまでアイアンガーヨガを練習すればほとんどの人が修得可能です。

特に優れてもいず、特に劣ってもいない、私のような普通の人間でも、アイアンガー先生のメソッドを忠実に練習し、自分の中にメソッドを引き入れて主体的に学べば、不安に負かされない人生を歩むことができるのです。

a0274392_00535149.jpg

執筆者:山口博哉
京都駅の近くで、アイアンガーヨガの教室「ヨガ・インスティチュート京都駅」を開校しています。詳しくは下記にアクセス!
公式HP:http://www.iyengaryoga-kyoto.com
ブログ「アイアンガーヨガ百科全書」:http://yogaforall.exblog.jp
フェイスブック「アイアンガーヨガ随筆」:http://www.facebook.com/iyengar.kyoto
ツイッター「アイアンガーヨガ in 京都!」:https://twitter.com/#!/iyengar_kyoto

アイアンガーヨガ in 京都! ~京都にアイアンガーヨガを広めよう!~

[PR]
by iyengar-encyclo | 2016-03-02 00:56 | 私のヨガ随筆
コーヒーもヨガも同じ
コーヒーもヨガも同じ


おいしいコーヒーの最大条件は「豆の新鮮さ」です。豆の種類がブルーマウンテンであろうが、水の種類がどうであろうが、豆が新鮮でさえあれば、おいしいコーヒーが飲めます。
しかしこの一番大事なことが世間には浸透していません。なぜでしょう? 
それは豆の鮮度を問題にし始めると、コーヒー業界は成り立たないからです。生豆(白色)を焙煎によって茶色や黒色にするのですが、それからの賞味期限はせいぜい1週間!! 
コーヒーは生鮮食料品なのですが、工場で焙煎して消費者のもとへ届けられるまでに数日かかってしまうし、鮮度を正直に表示すると売れなくなってしまう。だからコーヒー豆を売ってる店で一番嫌われるのは「いつ焙煎したんですか?」という質問です。
しかし100グラム=数百円という安さで買う以上、豆の鮮度でクレームをつけるのはむしろ消費者エゴ。ホンマもんのコーヒー豆を買うには、それだけのお金を支払わねばなりません。


ヨガも同じです。
ヨガの練習で最も大事なのは、身体の内側をいかに安全に正しく伸ばし広げるかです。それを教えるためには、先生になる人は相当な訓練が必要ですし、的確に生徒を観察する目を養わねばなりませんし、少人数制で丁寧に指導してゆかねばなりません。そうすると1回=500円くらいのレッスン料ではクラスが成立しないのです。成立しなければ手を抜かざるを得ない。
世の中はすべからく「安かろう悪かろう」であり、正しいものを受け取るためには、適切な代金を支払わねばなりません。


身の回りの全てに「ホンマもん」を求めてはお金が続かない。私も、例えば毎日食べるお米や毎日履く靴下にはお金をかけてません。米は「粗悪でなければ良い」と思っていますし、靴下は100均で買っています。ホンマもんの靴下屋さんからみれば「あんな足に悪い靴下を履いて」と思われるかもしれませんが、私は仕方ないと思っています。

結局は人生のどこにどういう質を求めるかなのでしょう。「ヨガ修得の最高峰はアイアンガーヨガである」と、私は胸を張って答えます。
a0274392_14184363.jpg
【写真は新鮮なコーヒー豆。お湯を注ぐとボワッと豆が膨らみます。逆にすり鉢状になるのは新鮮でない豆です。】


アイアンガーヨガ 京都 山口博哉 http://www.iyengaryoga-kyoto.com

執筆者:山口博哉
京都駅の近くで、アイアンガーヨガの教室「ヨガ・インスティチュート京都駅」を開校しています。詳しくは下記にアクセス!
公式HP:http://www.iyengaryoga-kyoto.com
ブログ「アイアンガーヨガ百科全書」:http://yogaforall.exblog.jp
フェイスブック「アイアンガーヨガ随筆」:http://www.facebook.com/iyengar.kyoto
ツイッター「アイアンガーヨガ in 京都!」:https://twitter.com/#!/iyengar_kyoto

アイアンガーヨガ in 京都! ~京都にアイアンガーヨガを広めよう!~

[PR]
by iyengar-encyclo | 2016-01-26 14:21 | 私のヨガ随筆
異説「アイアンガーヨガとお金」
異説「アイアンガーヨガとお金」

当ブログは、いつも正論ばかりなので、時には異説や逆説も面白いでしょう()。今回はアイアンガーヨガとお金について書きます。

日本
のアイアンガーヨガ界ではお金の話題はタブー視されています。まるでアイアンガーヨガを教えてお金をとることが罪悪のような雰囲気があります。私はお金の話題を屈託なく話しますが、ワークショップなどでヨガ仲間にお金の話題を出したとたん、相手が身構えるのが分かります。そして多くの人が、自分がアイアンガーヨガを教えていていかに儲からないか、どれだけ金銭的に苦労しているかを誇りのように話します。儲からなければ儲からないほど、アイアンガー先生への忠誠心が高まるかのようです。

これはおかしい。
正しいレッスンを提供し、適切なレッスン代を受け取り、それを自分の慎ましやかな生活費やヨガ向上の費用にあて、その成果をまた生徒に還元するというのは、全く正当なことです。確かにアイアンガー先生は、ヨガを悪どいビジネスの道具にすることには反対でしたが、ふつうに生活するお金を稼ぐことには何も反対はされませんでした。


儲からないことばかり話題にする人は、きっと教えることに自信がないのだと思います。しかしアイアンガーヨガの厳しいアセスメント(検定試験)を経てきた人は、絶対に優れたヨガ指導者であり、他のヨガ流派と比べてもダンゼン水準が高いヨガ技術を身につけているのです。なんら後ろめたい気持ちになる必要はない。
アセスメントに合格した人は皆、アイアンガー先生の署名入りの合格証書を持っているはずです。それはアイアンガー先生が認めて下さった証明であり、誇りを持ってアイアンガーヨガを教えて良い証書なのです。

アイアンガーヨガを広めるためには、安心してヨガ教室を経営してゆく必要があります。どのような料金体系にするのか、場所代や維持費にどう対応してゆくのか、教材や保険はどうするのか等々、みんなで調べてアイデアを共有すれば、教室経営は安定し、その分の気苦労をヨガレッスンに向けることができます。


さあ、お金の話題は今回1回限り()。もう書きません()。こういう話題が当たり前に話せるような空気になることを願っています。

a0274392_17044404.png


執筆者:山口博哉
京都駅の近くで、アイアンガーヨガの教室「ヨガ・インスティチュート京都駅」を開校しています。詳しくは下記にアクセス!
公式HP:http://www.iyengaryoga-kyoto.com
ブログ「アイアンガーヨガ百科全書」:http://yogaforall.exblog.jp
フェイスブック「アイアンガーヨガ随筆」:http://www.facebook.com/iyengar.kyoto
ツイッター「アイアンガーヨガ in 京都!」:https://twitter.com/#!/iyengar_kyoto

アイアンガーヨガ in 京都! ~京都にアイアンガーヨガを広めよう!~

[PR]
by iyengar-encyclo | 2015-12-01 17:09 | 私のヨガ随筆
2015年の始まり

昨年はB.K.S.アイアンガー導師がお亡くなりになったので、ヨガの面においては、私は喪中ですから、新年のご挨拶はひかえさせて頂きます。

さて、昨年のはじめ、私はいくつかの年間目標をたてました。
一、フェイスブックやブログは、1週間に1本書くこと。
これは守れませんでした(笑)。今年は出来るだけ頑張ります。

二、毎週水曜日は「スイーツ禁止日」。
時々忘れてスイーツを食べたこともありましたが、そういう時は木曜日にスイーツを控えるなどして、どうにかこうにかクリアー出来ました。

三、定期的にプラーナーヤーマ(呼吸法)を練習すること。
これが一番大きな目標でした。時には練習を忘れ、一日間があいたこともありましたが、おおむねクリアー出来、私にとって自信につながりました。

他には、映画のことで、
四、2週に1本は映画シナリオを読んで勉強する。
というのもありましたが、こちらは年間目標に選んですぐ忘れてしまい(笑)、気がついた時には3ヵ月経っていたので、早々に年間目標からはずしました。

今年は新たな目標をたてます。私は目標を作ったら、人に話さず、自分の中で努力したいタイプなので、また翌年初頭にでも皆さんにお話しするかもしれません。アイアンガーヨガを学ぶ上で、自分に不足していることを取り上げていきたいと思っています。

では皆さん、今年もアイアンガーヨガを学ぶことにより、健康で、快活で、幸福な一年にしてゆきましょう。

a0274392_18375159.jpg
執筆者:山口博哉
京都駅の近くで、アイアンガーヨガの教室「ヨガ・インスティチュート京都駅」を開校しています。詳しくは下記にアクセス!

公式HP:http://www.iyengaryoga-kyoto.com
ブログ「アイアンガーヨガ百科全書」:http://yogaforall.exblog.jp
フェイスブック「アイアンガーヨガ随筆」:http://www.facebook.com/iyengar.kyoto
ツイッター「アイアンガーヨガ in 京都!」:https://twitter.com/#!/iyengar_kyoto

アイアンガーヨガ in 京都! ~京都にアイアンガーヨガを広めよう!~


[PR]
by iyengar-encyclo | 2015-01-01 18:40 | 私のヨガ随筆
京都新聞文化センターでアイアンガーヨガ講座
京都新聞文化センターでアイアンガーヨガ講座


京都新聞文化センターで、「イチからはじめるアイアンガーヨガ」という講座を10月から準備中です。
毎週木曜日、PM1:30~3:00。3ヵ月、全12回で、17820円です。
(文化センターの会員でない人は、これに加え3年有効の入会金3150円が必要です。ただし70才以上と中学生以下は、1575円です。)

9月18日と25日に体験クラスを実施します。時間は同じPM1:30~3:00で、受講料は1回1000円です。

いずれの場合も、動きやすい服装で参加して頂ければOKです。ヨガマットなどは、こちらで無料でお貸しします。

「イチから始める」とうたっているように、かなりソフトなレッスンなので、本格的なアイアンガーヨガの練習を知っている人には、物足りないレッスンかもしれませんが、アイアンガーヨガを知らない人たちにアイアンガーヨガを広め、そのエッセンスを知ってもらおうという講座です。

90分レッスンのうち、身体を動かすのは60分で、あとの30分はお茶を飲みながらの健康トークです!

当ヨガ教室「ヨガインスティチュート京都駅」とともに、文化センター「イチからはじめるアイアンガーヨガ」にもご期待ください。
http://www.kyoto-pd.co.jp/school/detail.php?nid=737

執筆者:山口博哉
京都駅の近くで、アイアンガーヨガの教室「ヨガ・インスティチュート京都駅」を開校しています。詳しくは下記にアクセス!


公式HP:
http://www.iyengaryoga-kyoto.com
ブログ「アイアンガーヨガ百科全書」:
http://yogaforall.exblog.jp/
フェイスブック「アイアンガーヨガ随筆」:
http://www.facebook.com/iyengar.kyoto
ツイッター「アイアンガーヨガ in 京都!」:
https://twitter.com/#!/iyengar_kyoto

アイアンガーヨガ in 京都!
    ~京都にアイアンガーヨガを広めよう!~

[PR]
by iyengar-encyclo | 2014-09-21 23:33 | 私のヨガ随筆
「青い鳥」は自分の内に見つけましょう(Let’s find “The Blue Bird” in your life.)
「青い鳥」は自分の内に見つけましょう(Let’s find “The Blue Bird” in your life.)

子供の頃、勉強をしなくても成績が良くなりたいと思ったのは、私だけではないでしょう。ドラえもんの話の中に、そういう秘密道具があると、とても欲しくなったものです。また大人になってからも、「頑張らなくても英語を身につけられる教材」とか「らくらく簡単に痩せられる・体質改善できる」とか、いろいろな広告が私たちに甘い夢をささやいてきますが、結局どれも成功しません。でも人間は怠惰な生き物なので、そういう見果てぬ夢を追い続け、いつしか人生が終わってしまいます。

当たり前なことですが、勉強にしろダイエットにしろ体質改善にしろ、「簡単に一発で治るもの」なんて、この世にありません。そういう現実を冷静に受け止め、自分の内なる力を信じ、それを使って努力し、夢を実現させることこそ、希望にあふれる人生なのです。

「ヨガを習いたい」という人の多くは、直接的な理由として、「痩せたい」とか「体質改善したい」という効果を望んでいます。それじたいは何も問題ではありません。そういう人たちに、私はいつも「青い鳥をいつまでも追い駆けていても、成果はでません。自分の力を信じてヨガの練習を続ければ、必ず効果が出ます」と答えています。

そういう希望をかなえるために、最もまっとうで、合理的で、一番の近道で、効率よく、(そして最も安価)なのが、アイアンガーヨガであり、それを教えるのが私の仕事です。

「楽に早く痩せたい」と思う暇があるのなら、1つでもいいからアサナの練習をしましょう。ぶつぶつボヤいている時間があるなら、5分でいいからアサナの練習をしなさい。そこから希望がスタートします。アイアンガーヨガを最低、週1回、90分の練習を続ければ、3年後には別人のようになっていますよ!

執筆者:山口博哉
京都駅の近くで、アイアンガーヨガの教室「ヨガ・インスティチュート京都駅」を開校しています。詳しくは下記にアクセス!


公式HP:
http://www.iyengaryoga-kyoto.com
ブログ「アイアンガーヨガ百科全書」:
http://yogaforall.exblog.jp/
フェイスブック「アイアンガーヨガ随筆」:
http://www.facebook.com/iyengar.kyoto
ツイッター「アイアンガーヨガ in 京都!」:
https://twitter.com/#!/iyengar_kyoto

アイアンガーヨガ in 京都!
    ~京都にアイアンガーヨガを広めよう!~

[PR]
by iyengar-encyclo | 2014-03-15 21:30 | 私のヨガ随筆
原発は最大の健康被害(The nuclear power plant is the worst thing for the health.)
原発は最大の健康被害(The nuclear power plant is the worst thing for the health.)

正月休みに、読みごたえのある本を読みました。中日新聞社会部が編集した「日米同盟と原発・隠された核の戦後史」という本です。2012年8月から1年間、「中日新聞」や「東京新聞」に連載された記事を単行本化したもので、2013年11月に出版されました。

戦前の1940年に日本で原爆開発がスタートし、敗戦によって挫折したことを私は初めて知りました。そして1945年の広島・長崎への原爆投下、戦後の政治主導による原発建設…。そこにはアメリカやソビエトの核開発事情が大きく影響していて、平和利用の名のもとに「原爆と原発は別もの」という世論操作が行なわれたこと、また原発推進派の内部でも思案が交差したことなどが、まるでサスペンス映画のように書かれています。本書にはいくつもの極秘資料が登場します。これらは、長年秘蔵してきた関係者が、福島原発事故を機に、「2度と原発事故を起こしてはならない」という決意に至って、初公開に踏み切ったそうです。

いつ発症するか分からない内部被爆こそが、一番の問題。いくらヨガで健康になっても、ひとたび原発事故が起ったら、元も子もなくなります。原発は最大の健康被害です。京都は福井県の原発からわずか60kmしか離れていません。(いや、そもそも福井県の人々は、日々放射能の恐怖と背中合わせに暮らしています。)

原子力は厳重管理された研究室で慎重に研究されるべき段階です。それを営利目的で使うなんて、まるで「子どもの火遊び」ですよね。「町全体がミュージアム」である京都が、放射能によって無人と化す状況は悪夢です。立場や信条の如何を問わず、原発の全廃を進めてゆきましょう。
a0274392_19553160.jpg

執筆者:山口博哉
京都駅の近くで、アイアンガーヨガの教室「ヨガ・インスティチュート京都駅」を開校しています。詳しくは下記にアクセス!


公式HP:
http://www.iyengaryoga-kyoto.com
ブログ「アイアンガーヨガ百科全書」:
http://yogaforall.exblog.jp/
フェイスブック「アイアンガーヨガ随筆」:
http://www.facebook.com/iyengar.kyoto
ツイッター「アイアンガーヨガ in 京都!」:
https://twitter.com/#!/iyengar_kyoto

アイアンガーヨガ in 京都!
    ~京都にアイアンガーヨガを広めよう!~

[PR]
by iyengar-encyclo | 2014-02-05 19:56 | 私のヨガ随筆
ヨガが上達した3つの瞬間(3) (3 big moments in my yoga life : Part 3)
ヨガが上達した3つの瞬間(3) (3 big moments in my yoga life : Part 3)

2007年にアセスメント(検定試験)に合格し、アイアンガーヨガの先生になれたのですが、私は京都でヨガを教えることとなり、それまで通っていた大阪の先生の授業に週1では参加できなくなってしまい、必然的に自主トレの比率が増えてしまいました。その時、私は「人に頼らない」心構えを、持たざるを得なくなってしまったのです。これは私にとって試練ではありましたが、「危機をチャンスに変えるゾ!」と、ポジティブに考えるようにしました。ある意味では、これまで週1回の授業に通うことで、甘えが生じ、主体的に練習に取り組む心構えが育たなかったともいえます。
最初の頃は、何を基準に据えて練習すれば良いか見当がつかず、いろいろな本に載っている「………のシークエンス」を練習したり、自分ができるアサナの一覧を作って、それを機械的に順々に練習したりしました。

そういう試行錯誤の状態が3年ほど続いたある日、私は突然「あること」に気づいたのです。今まで先生から耳にタコができるくらい聞かされていたこと…。何度も何度も本で読んだこと…。ヨガでは常識中の常識と言われてきたこと…。その「あること」に、今さらながら気づかされたのです。「そうか! ヨガの練習では、これが大事だったのか!!」。

これは第1、第2の上達の時以上の大発見であり、私のヨガ人生の最大革命であったと思います。しかし「本当にこれは凄い発見だったのか?」と信じられない思いだったので、とにかく何度も繰り返し実践したのです。そしてやはり、これは最大の発見だったと確信するに至りました。
もうしばらくは心に秘めて、自分の中で試行錯誤し、それを経てから皆さんにも御報告したいと思っています。

困難な状況に追い込まれたことで、かえって私は主体性を獲得し、様々な発見に巡り合えています。次の第4の上達は、いつやって来ることでしょうか。それを考えると楽しみです。

執筆者:山口博哉
京都駅の近くで、アイアンガーヨガの教室「ヨガ・インスティチュート京都駅」を開校しています。詳しくは下記にアクセス!


公式HP:
http://www.iyengaryoga-kyoto.com
ブログ「アイアンガーヨガ百科全書」:
http://yogaforall.exblog.jp/
フェイスブック「アイアンガーヨガ随筆」:
http://www.facebook.com/iyengar.kyoto
ツイッター「アイアンガーヨガ in 京都!」:
https://twitter.com/#!/iyengar_kyoto

アイアンガーヨガ in 京都!
    ~京都にアイアンガーヨガを広めよう!~

[PR]
by iyengar-encyclo | 2013-07-08 19:25 | 私のヨガ随筆
ヨガが上達した3つの瞬間(2) (3 big moments in my yoga life : Part 2)
ヨガが上達した3つの瞬間(2) (3 big moments in my yoga life : Part 2)

2回目の「上達の瞬間」は、フランスのファエク・ビリア先生のワークショップに6週間参加した時の経験です。2006年7月10日~8月19日までの6週間、南フランスのブラコン村で行なわれたビリア先生のワークショップは、非常に勉強になりました。ただ、あんな苦しい経験もなかった!

ビリア先生は非常に厳しい先生であり、その厳しい授業が午前と午後、月曜から土曜の昼まで続くのです。1週目、2週目までは何とか体力が持ちましたが、3週目、4週目あたりから体力が続かなくなり、5週目、6週目あたりは必死で授業についてゆくばかりでした。6週間のワークショップと言っても、たいていの人は、そのうちの「第1週、第2週だけ」を取ったり、「第3週、第4週だけ」を取ったりと、2週間くらいの日程で参加するのが普通であり、全6週を受講した人は私を含めて数人でした。しかも当時の私は、まだまだ練習が熟しておらず、最後の「第5週、第6週」あたりになると、周りは上級者ばかりであり、私1人がオタオタしている有様でした。

第5週目あたりでは一度軽い風邪をひいてしまい、体力が非常に落ちたこともあったのです。毎日ベジタリアン料理が続いていたので、これでは体力が持たないと思い、近くのスーパーでハムを買ってきて、調理場で料理して食べていたところ、ヨガ仲間に見つかってしまい、「ヒロが隠れて肉を食べてる!」と言われ、「100%ベジタリアンというのは嘘やったんや!」と答えると、2人で大爆笑になったのを思い出します。

いま思い返しても、あんな苦しい経験は初めてでした。「全財産をはたいて、こんな遠いフランスまで来て、なんでこんなに苦しい思いをしなければならないんだ?」と、よく思ったものですが、6週間が終わったとき、ビリア先生からお褒めの言葉をかけて頂いて、「これからの人生で、どんな苦しいことがあっても、乗り越えてゆけるぞ」という自信がつきました。 (つづく)

執筆者:山口博哉
京都駅の近くで、アイアンガーヨガの教室「ヨガ・インスティチュート京都駅」を開校しています。詳しくは下記にアクセス!


公式HP:
http://www.iyengaryoga-kyoto.com
ブログ「アイアンガーヨガ百科全書」:
http://yogaforall.exblog.jp/
フェイスブック「アイアンガーヨガ随筆」:
http://www.facebook.com/iyengar.kyoto
ツイッター「アイアンガーヨガ in 京都!」:
https://twitter.com/#!/iyengar_kyoto

アイアンガーヨガ in 京都!
    ~京都にアイアンガーヨガを広めよう!~

[PR]
by iyengar-encyclo | 2013-07-01 23:43 | 私のヨガ随筆
ヨガが上達した3つの瞬間(1) (3 big moments in my yoga life : Part 1)
ヨガが上達した3つの瞬間(1) (3 big moments in my yoga life : Part 1)

ヨガを始めて15年になりますが、この間、3回の「上達の瞬間」を体験しました。
最初は、ヨガを始めて6年ほど経ったある日、「ヨガを将来の仕事にしよう」と決意した時です。

フリーターであった私のことをいつも心配してくれていた親戚の叔母が、「何か定職を見つけて、生活をせなアカン」と、しょっちゅう私に忠告してくれていたのですが、私は何を定職にしたら良いのか分からず、日々悶々としていました。

そんなある日、「ヨガを仕事にする」という決意が生まれたのです。しかし何ごとに対しても最後まで貫徹できない性格だった私は、自分自身を容易に信じることができませんでした。
それで自分に課題を出しました。「これから1年間、毎日1時間、ヨガを練習する。それが貫徹できたら、改めてヨガの先生になるかどうかを考えよう。」そう決意して、ヨガ練習を開始したのです。

1年間は誰にもそれを話しませんでした。それからの日々はとてもつらく、アルバイトから帰ってきて、疲れてお腹が減っていても、夕食をとる前に1時間練習を続けました。
2004年10月5日にスタートし、翌2005年10月5日に貫徹できました。
正確に言えば365日、全部練習できた訳ではありません。バイトから帰ってきて、そのまま寝てしまい、翌朝の出勤まで泥のように眠った日もありましたし、旅行に出かけた時など、知人の狭いワンルームマンションに泊まらせてもらった時などは、とてもじゃないけど「ヨガの練習がしたい」と言い出せず、その日は練習しないで終わった日もありました。

しかしそういうマイナス面は全然気にならず、とにもかくにも1年間練習を続けたという達成感が私を包みました。その時、私はヨガの先生の道を歩む決意を固めることができたのです。それまでは受け身でヨガを習っていた私が、この時から主体的にヨガを学び始めたのです。これが第1の上達の瞬間でした。 (つづく)

執筆者:山口博哉
京都駅の近くで、アイアンガーヨガの教室「ヨガ・インスティチュート京都駅」を開校しています。詳しくは下記にアクセス!


公式HP:
http://www.iyengaryoga-kyoto.com
ブログ「アイアンガーヨガ百科全書」:
http://yogaforall.exblog.jp/
フェイスブック「アイアンガーヨガ随筆」:
http://www.facebook.com/iyengar.kyoto
ツイッター「アイアンガーヨガ in 京都!」:
https://twitter.com/#!/iyengar_kyoto

アイアンガーヨガ in 京都!
    ~京都にアイアンガーヨガを広めよう!~

[PR]
by iyengar-encyclo | 2013-06-25 17:59 | 私のヨガ随筆
   

アイアンガーヨガのあらゆる情報をすべての人に!
by iyengar-encyclo
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> 最新の記事
信じる力
at 2016-05-31 00:09
ヨガアサナの名称
at 2016-05-20 20:55
ヨガ・インストラクターとして..
at 2016-05-18 00:01
子供への虐待
at 2016-05-10 20:54
ヨガの映画
at 2016-04-15 23:18
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧