> ちょっとした違い? 大きな違い? (Small difference? Big difference?)
ちょっとした違い? 大きな違い? (Small difference? Big difference?)

スプタ・バーダーングシュタアサナをする場合、通常は頭の下にブランケットを置きます。高さは人によって違いますが、平均して3cmくらいの厚みになるようにします。なぜそのようにするのかといえば、頭部が安定し、心が静かになるからです。

このブランケットの有る無しは、大きな問題ではないかのように見えるでしょう。実際、ブランケットをはずしてスプタ・バーダーングシュタアサナをしても、最初の頃は大きな違いを感じることはありません。しかし年月を経ると、このブランケットの厚みが頭部に大きな変化をもたらすことを自覚できると思います。首の伸び(=圧迫感)の大小で、頭部に緊張感が走るからです。

「そんな、ちょっとした違いは重要ではない」と言ってしまえば、それまでです。そういう人はいつまで経っても、大ざっぱなヨガしか身につかないでしょう。アイアンガーヨガの真価は、こういう所に発揮されます。すなわち、心身の微細な動きを感じ取り、それによって全身の変化に意識を行き渡らせ、体と心のあらゆる部分をコントロールするのです。私は、そういう微細なコントロールまで出来るには至っていませんが、そういう遠大な目標を持つことじたいに喜びと誇りを感じます。

アサナの練習も、呼吸法の練習も、最後は「心の平安」に至る道なのです。だからどんなポーズの練習をしていても、(例えヴィーラバッドラーアサナ3の最中でも!)いつも心は瞑想モードでなければなりません。

スプタ・バーダーングシュタアサナをする時に、自分はどれだけの厚みのブランケットがあれば、心静かにポーズの練習が出来るのか、それを注意してみて下さい。(最終的にはブランケットが無くても、心が静かにならねばなりません。)それが「ちょっとした違い」ではなく、「大きな違い」であることを納得できた時、あなたは1段階、アイアンガーヨガのレベルがアップしたことになります。

執筆者:山口博哉
京都駅の近くで、アイアンガーヨガの教室「ヨガ・インスティチュート京都駅」を開校しています。詳しくは下記にアクセス!


公式HP:
http://www.iyengaryoga-kyoto.com
ブログ「アイアンガーヨガ百科全書」:
http://yogaforall.exblog.jp/
フェイスブック「アイアンガーヨガ随筆」:
http://www.facebook.com/iyengar.kyoto
ツイッター「アイアンガーヨガ in 京都!」:
https://twitter.com/#!/iyengar_kyoto

アイアンガーヨガ in 京都!
    ~京都にアイアンガーヨガを広めよう!~

[PR]
by iyengar-encyclo | 2013-12-02 01:14 | アイアンガーヨガ全般

アイアンガーヨガのあらゆる情報をすべての人に!
by iyengar-encyclo
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> 最新の記事
信じる力
at 2016-05-31 00:09
ヨガアサナの名称
at 2016-05-20 20:55
ヨガ・インストラクターとして..
at 2016-05-18 00:01
子供への虐待
at 2016-05-10 20:54
ヨガの映画
at 2016-04-15 23:18
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧