人気ブログランキング |
> ニヤマについて(Niyama)
ニヤマについて(Niyama)

前回はニヤマについて書きましたが、ニヤマとヤマは混同されがちなので、私の見解を書きます。(ヤマ、ニヤマの見解は哲学の問題になるので、人によって解釈は違うでしょう。ここに書くのは、あくまでも私の意見です。)

ヨガの8段階で、アサナとプラーナーヤーマーを間違う人はいないでしょう。単純に考えて、アサナは身体の訓練であり、プラーナーヤーマーは呼吸の訓練です。しかしその前段階のヤマとニヤマは精神面の訓練であり、この2つの違いは分かりにくい。しかしシンプルに考えて、ヤマは「自分と他者との関係」であり、ニヤマは「自分の内なる世界の問題」だと、私は考えます。ヤマは分かりやすい日本語で言い換えれば「社会道徳」、ニヤマは「自己浄化」。ヤマについて考える場合、つねに他者の存在が係わってきます。アヒンサー(非暴力)は基本的に他人を傷つけるかどうかという問題です。「自分で自分を傷つけることだってあるではないか」と反論されそうですが、それは暴力というもの傍流であり、暴力の主流は他人への行使です。

一般の日本人は「心と体」というように、「物質的でないもの」と「物質的なもの」の二元論に考えがちです。(だからアイアンガーヨガの3本柱であるBody,Mind,Soulのうち、なぜMindとSoulの2種類があるのか理解しにくい。)また日本人の国民性は、自己と他者に明確な境界線をつけないものです。だから「ヤマ」と「ニヤマ」の境界線も理解しにくい。もしこれら2つが同じカテゴリーの中に含まれるものならば、ヨガは「ヤマニヤマ」「アサナ」……「サマーディ」の7段階として成立していたはずです。しかし「ヤマニヤマ」ではなく、「ヤマ」と「ニヤマ」にわざわざ分けてくれているのは、他者との係わりと、自己との係わりは、私たち日本人がイメージする以上に、別次元の問題なのです。

執筆者:山口博哉
京都駅の近くで、アイアンガーヨガの教室「ヨガ・インスティチュート京都駅」を開校しています。詳しくは下記にアクセス!


公式HP:
http://www.iyengaryoga-kyoto.com
ブログ「アイアンガーヨガ百科全書」:
http://yogaforall.exblog.jp/
フェイスブック「アイアンガーヨガ随筆」:
http://www.facebook.com/iyengar.kyoto
ツイッター「アイアンガーヨガ in 京都!」:
https://twitter.com/#!/iyengar_kyoto

アイアンガーヨガ in 京都!
    ~京都にアイアンガーヨガを広めよう!~

by iyengar-encyclo | 2014-01-15 00:49 | ヨガ哲学

アイアンガーヨガのあらゆる情報をすべての人に!
by iyengar-encyclo
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> 最新の記事
信じる力
at 2016-05-31 00:09
ヨガアサナの名称
at 2016-05-20 20:55
ヨガ・インストラクターとして..
at 2016-05-18 00:01
子供への虐待
at 2016-05-10 20:54
ヨガの映画
at 2016-04-15 23:18
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧