> ヨガマットの選び方 (How to buy a yoga mat)
ヨガマットの選び方 (How to buy a yoga mat)

今でこそヨガマットはどこにでも売っていますが、わずか15年ほど前まではどこにもヨガマットは売っておらず、インドから直輸入するという大変さでした。

もともと日本では、大きめのバスタオルを敷いて、その上でアサナポーズを練習していたヨガ教室がほとんどで、今でもそのようにしているヨガ教室も多いです。しかしアイアンガーヨガではアサナポーズの正確さを重視するため、プラサーリタ・パードッターナアサナをする時などは両足を左右に蹴らねばなりませんから、滑り止めのあるスティッキーマットが必要なのです。それを開発したのがアイアンガー導師です。アイアンガー以外の流派でもヨガマットを使い出したのは、アイアンガーヨガから広まった良い影響です。

だからヨガマットを購入する時は、まず「滑り止め具合」が大切です。ツルツル滑りやすいマットは使いにくいですし、安い素材のマットの場合、長く使っているうちにマットの表面がボロボロにはがれて来て、滑り止めがききにくくなります。毎日使うマットは、少し値の張るものを買うことをお勧めします。だいたい4000円~6000円くらいのものが良いと思います。高ければ高いほど良いとは言えないので、1万円も払わなくて良いでしょう。

また厚さも大切です。堅い床の上に薄いマットを敷いてヴィーラアサナを練習する場合などは、人によっては足が痛くなるので、6mmくらいの厚さのマットがお勧めです。サーランバ・シールシャアサナをする時などは、その厚さを二重にするとより痛みを避けることができます。厚くなればなるほど重くなるので、持ち運びに不便でもあり、私は薄めと厚めの2種類のマットを常備していて、それを使い分けています。ドゥイ・パーダ・ヴィパリータ・ダンダアサナをする時などは、厚めのマットを下に敷いて、薄めのマットを背中にあてて練習しています。

良いヨガマットと出会うのは結構難しく、私もこれまで何枚もマットを買ってきましたが、お気に入りのマットにはなかなか出会えません。1枚買うと何年か持つので、頻繁に買わないことも原因ですが…。ネットで買うと、実際に見て触って買えないので、届いたときに「思ったものと違う」ということにもなります。

東急ハンズでヨガワークス発売の2種類のヨガマットを見つけました。触れなかったので、あまり確証はないのですが、角の丸い厚さ6mmの3800円のヨガマットが良いのではないかと思い、また、角の丸くない厚さ3.5mmの2800円のヨガマットは少々薄いと思いました。京都では四条烏丸に東急ハンズが新しくオープンしたので、そこで実際に見てみると良いでしょう。
a0274392_18443349.jpg

私の愛用しているヨガマット(写真はその切れ端)はおそらく7mmくらいだと思います。これは叔母から貰ったものなので、値段もメーカーも分かりませんが、とても使いやすいです。とはいえ、厚ければ厚い方が良いというわけでもなく、分厚いヨガマットは逆に使いづらいです。初めてヨガマットを買う人は、1枚1000円程度のものを試験的に購入し、半年ほど使ってみて、ヨガマットの機能性を見定めてから少し高い目のマットを購入しては如何でしょうか。


執筆者:山口博哉
京都駅の近くで、アイアンガーヨガの教室「ヨガ・インスティチュート京都駅」を開校しています。詳しくは下記にアクセス!


公式HP:
http://www.iyengaryoga-kyoto.com
ブログ「アイアンガーヨガ百科全書」:
http://yogaforall.exblog.jp/
フェイスブック「アイアンガーヨガ随筆」:
http://www.facebook.com/iyengar.kyoto
ツイッター「アイアンガーヨガ in 京都!」:
https://twitter.com/#!/iyengar_kyoto

アイアンガーヨガ in 京都!
    ~京都にアイアンガーヨガを広めよう!~

[PR]
by iyengar-encyclo | 2014-07-18 18:44 | プロップス

アイアンガーヨガのあらゆる情報をすべての人に!
by iyengar-encyclo
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> 最新の記事
信じる力
at 2016-05-31 00:09
ヨガアサナの名称
at 2016-05-20 20:55
ヨガ・インストラクターとして..
at 2016-05-18 00:01
子供への虐待
at 2016-05-10 20:54
ヨガの映画
at 2016-04-15 23:18
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧