> メモ帳
アイアンガーヨガ百科全書の各項目は、
日々増補を重ねます。
時々チェックして下さいね!

「ヨガ・インスティチュート京都駅」のHPへ戻る→http://www.iyengaryoga-kyoto.com
> フォロー中のブログ
> 最新のコメント
山口さんのアサナの講座で..
by 富田 at 19:48
小澤さん 7月19日に..
by iyengar-encyclo at 15:43
赤ちゃんの安全に気を配り..
by iyengar-encyclo at 02:49
これからもたくさんの情報..
by まゆ at 17:47
> アイアンガーヨガの先生を目指す皆さんへアドバイス
アイアンガーヨガの先生を目指す皆さんへアドバイス

今回は私の正直な思いを書きます。(^^♪

「アイアンガーヨガの先生になりたいんです!」と、私は時々質問されます。そういう時はいつも「その思いをかなえさせてあげるには、どうすれば良いか?」と考える。ただ現実には、そういう思いが途中で挫折することが多い。

その理由の一つは、そもそもの「ボタンの掛け違え」にあるのではないでしょうか? アイアンガーヨガ界では「アイアンガーヨガを世界に広めることが、アイアンガー導師の遺志である」と考えており、多くの人が「アイアンガーヨガの先生を増やしたい」と連呼するので、なんとなく「アイアンガーヨガの先生になって下さる方がいらっしゃれば、大歓迎」という空気が出来てしまう。それを間違ってとらえた人は、「そんなに先生の数が少ないのなら、私がなってあげましょうー!」と考えてしまう(笑)。いや、笑いごとではありません。ここが最初の「ボタンの掛け違え」になることが結構あります。

一方、先生のほうはどうでしょうか。日本のアイアンガーヨガの先生たちは総じて利益を上げられていない。ヨガだけを教えて生活している人は全国でもわずか10人くらいでしょう。(私もヨガだけでは食べれないのでバイトをしています。)そんな先生にとって、受験希望者は生活苦につながってしまう。しかし「先生を増やさねば!」という建前があるので、生活苦というホンネを言えなくなってしまう。

アイアンガーヨガの先生を目指す皆さんは、そういう負担を先生にかけてしまうことを念頭において下さい。平身低頭しなさいとは言いませんが、間違っても「先生を目指してあげる」と思い上がってはいけません。また先生のほうも必要以上に「先生を目指してくれる皆々様、大募集」という空気を作るべきではありません。

英検や京都検定を受ける気安さでアイアンガーヨガの受験はできません。まずは先生も生徒も相手の気持ちを考え、お互いにどういう思いを抱いてるかを謙虚に正直に推しはかりましょう。

こういう問題は決して冗談ではなく、意外に大きな問題であると思うので、今回は正直に書きました。皆さんからの反響があれば、また続きを書きます。 (^^♪ 


a0274392_01043434.jpg
執筆者:山口博哉
京都駅の近くで、アイアンガーヨガの教室「ヨガ・インスティチュート京都駅」を開校しています。詳しくは下記にアクセス!

公式HP:http://www.iyengaryoga-kyoto.com
ブログ「アイアンガーヨガ百科全書」:http://yogaforall.exblog.jp
フェイスブック「アイアンガーヨガ随筆」:http://www.facebook.com/iyengar.kyoto
ツイッター「アイアンガーヨガ in 京都!」:https://twitter.com/#!/iyengar_kyoto

アイアンガーヨガ in 京都! ~京都にアイアンガーヨガを広めよう!~


[PR]
by iyengar-encyclo | 2015-12-20 01:06 | アイアンガーヨガ全般

アイアンガーヨガのあらゆる情報をすべての人に!
by iyengar-encyclo
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> 最新の記事
信じる力
at 2016-05-31 00:09
ヨガアサナの名称
at 2016-05-20 20:55
ヨガ・インストラクターとして..
at 2016-05-18 00:01
子供への虐待
at 2016-05-10 20:54
ヨガの映画
at 2016-04-15 23:18
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧