> 連載再開「協会ニュースレターの歴史・その11」
連載再開「協会ニュースレターの歴史・その11」

連載が中断していましたが、今回は「日本アイアンガーヨガ協会ニュース」21号について書きます。

21号は前号から約10ヵ月後の2007115日発行。12頁。

この21号には格別の思い出があります。何をかくそう、私が編集長を務めた最初のニュースレターだったからです。20064月に一般理事に就任した私は、非常なる意欲をもって編集長に名乗りを上げ、ニュースレターの改革に着手しました。

これまでのニュースレターの良い所を継承しつつ、素人の目から見て「もっと知りたかったこと」を正直に紙面に出してゆこうと決意したのです。

まず表紙ですが、過去の全バックナンバーの表紙を一覧にしました。2007年当時、過去のバックナンバーは協会として備品しておらず、全冊をそろえることじたいが大きな仕事でした。そこで私はいろいろな先生がたにお願いし、バックナンバーを全冊そろえたのです。それを10部ほど完全コピーし、企画広報委員が常備できるように手配しました。そうして全冊を一覧した時、これまでニュースレターを作ってこられた先輩がたの御苦労を讃えるためにも、創刊号からの表紙をすべて一望できるような表紙にしたのです。

次のp.23には「知ってるつもり・アイアンガー導師」と題し、アイアンガー先生に関する素朴な疑問をあれこれ書きました。当時は「B.K.S.アイアンガー」の「B.K.S.」が何の略かを知らない人が多かったのです。また父母や生誕地、幼少期やご結婚についても書きました。今では皆さん当たり前に知っていることばかりです。

p.4
5には「肩こりに効果のあるシークエンス」を掲載しました。「……に効果のある」という捉え方でアイアンガーヨガを学ぶことは「邪道」だと思いましたが、あえてその邪道を私は書いてみたかったのです。

p.11
には理事会や常任委員会のメンバーを、名前と顔写真で載せました。これまでの協会はどういう人がどういう仕事を担っているのかが分からないことが多く、それが協会と協会員の間の溝となっていたからです。

その他、18号以来中断していた「ザ・ツリー・オブ・ヨガ」翻訳の連載を再開したり、アイアンガーヨガ本部道場(RIMYI)にあるアイアンガー先生の机の写真や、アイアンガー・ファミリーのご自宅の写真を掲載したりして、協会員とアイアンガーヨガの距離を近づけよう努めました。

この21号を含め、私は3冊のニュースレターの編集長を務めることになります。(つづく)

アイアンガーヨガ 京都 山口博哉 http://www.iyengaryoga-kyoto.com

a0274392_23172053.jpg

執筆者:山口博哉
京都駅の近くで、アイアンガーヨガの教室「ヨガ・インスティチュート京都駅」を開校しています。詳しくは下記にアクセス!
公式HP:http://www.iyengaryoga-kyoto.com
ブログ「アイアンガーヨガ百科全書」:http://yogaforall.exblog.jp
フェイスブック「アイアンガーヨガ随筆」:http://www.facebook.com/iyengar.kyoto
ツイッター「アイアンガーヨガ in 京都!」:https://twitter.com/#!/iyengar_kyoto

アイアンガーヨガ in 京都! ~京都にアイアンガーヨガを広めよう!~

[PR]
by iyengar-encyclo | 2016-01-13 23:22 | その他のアイアンガー文献

アイアンガーヨガのあらゆる情報をすべての人に!
by iyengar-encyclo
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> 最新の記事
信じる力
at 2016-05-31 00:09
ヨガアサナの名称
at 2016-05-20 20:55
ヨガ・インストラクターとして..
at 2016-05-18 00:01
子供への虐待
at 2016-05-10 20:54
ヨガの映画
at 2016-04-15 23:18
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧