> 日本アイアンガーヨガ協会の運営・2
日本アイアンガーヨガ協会の運営・2


1988
年に日本アイアンガーヨガ協会が創立され、事務局が協会を運営する時代が18年間続きました。これを「事務局時代」と私は呼んでいます。2005121日に協会の会則が施行され、翌20064月から選挙で理事を選び、理事が協会を運営する時代が始まりました。これを私は「理事会時代」と呼んでいますが、それが現在まで10年間続いています。
事務局時代は「組織はあるがルールはない」状態であり、理事会時代は「組織もありルールもある」状態です。どちらが良い悪いという問題ではありません。メンバーが増えてくることによって団体の形態が変わってきたのです。

では理事会時代になって何が一番変わったのか? それは「会則に基づいて協会を運営する」ようになったことです。
これまでは顔見知りのメンバーが知恵を出し合って、その場その場で問題に対処したり方針を決めたりしていましたが、メンバーが増えると11人の信念や傾向によって意見が多様になりすぎます。そこで「会則」という最高ルールを作り、それに基づいて協会を運営するように変わったのです。

アイアンガー導師が各国に送られた会則の雛形は「本文」と「付録書A~F」から成り立っています。日本アイアンガーヨガ協会ホームページの「会員のページ」に入り、「RIMYIからのガイドライン2009年版」を開いてみてください。1頁から17頁までが本文です。
そして18頁から最終の41頁までずっと「APPENDIX(付録書)A~F」が続いています。本来なら日本においてもすべての付録書を翻訳し制定しなければならないので、そういう意味では日本の会則は不完全と言えます。

これら付録書A~Fのうち、付録書Cのみが2010127日に施行され、会則としての地位が与えられており、協会ホームページの「会員のページ」の「日本アイアンガーヨガ協会 会則: 付録書C」で読むことができます。付録書Aは会則として施行されておらず、翻訳のみ「会員のページ」で読めます。

会則はいわば日本国憲法であり、協会運営の最も重要なルールです。だから簡単に改正できないようになっています。改正には会員の4分の3の賛成票が必要なのに加えて、会長(アイアンガー導師orその後継者)の承認も必要ですから、「ほぼ改正は無理」とも言えるでしょう。アイアンガー導師がそのように組み立てられたのです。【つづく】

a0274392_20413074.jpg

山口博哉(アイアンガーヨガ 京都) http://www.iyengaryoga-kyoto.com



執筆者:山口博哉
京都駅の近くで、アイアンガーヨガの教室「ヨガ・インスティチュート京都駅」を開校しています。詳しくは下記にアクセス!
公式HP:http://www.iyengaryoga-kyoto.com
ブログ「アイアンガーヨガ百科全書」:http://yogaforall.exblog.jp
フェイスブック「アイアンガーヨガ随筆」:http://www.facebook.com/iyengar.kyoto
ツイッター「アイアンガーヨガ in 京都!」:https://twitter.com/#!/iyengar_kyoto

アイアンガーヨガ in 京都! ~京都にアイアンガーヨガを広めよう!~

[PR]
by iyengar-encyclo | 2016-02-03 20:44 | アイアンガーヨガ協会

アイアンガーヨガのあらゆる情報をすべての人に!
by iyengar-encyclo
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> 最新の記事
信じる力
at 2016-05-31 00:09
ヨガアサナの名称
at 2016-05-20 20:55
ヨガ・インストラクターとして..
at 2016-05-18 00:01
子供への虐待
at 2016-05-10 20:54
ヨガの映画
at 2016-04-15 23:18
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧