> 日本アイアンガーヨガ協会の運営・3
日本アイアンガーヨガ協会の運営・3

日本アイアンガーヨガ協会の会則は、インドから送られてきた雛形をかなり日本版にアレンジしています。
「この条文が、なんでここに入ってるんだろ?」と疑問に思ったことがあったので当時の起草者に聞いたところ、「そこにしか入れる箇所がなかった」とのこと。
笑い話のようですが、インドの雛形を日本の法律や現状に当てはめてアレンジしてゆくうちに、一つの条文が変わると、次の条文にも影響を与え、整合性がなくなる恐れがあります。だから当時の起草者は大変な思いをして日本版を作られたということなのです。

会則を読み込むことは、とても難しい。私も10年前に理事に就任した時は、1ヵ月かけて会則を熟読し理解することに努めたほどです。
協会のホームページには会則がアップされていて、会員は閲覧することが可能ですが、これとは別に「コメント付の会則」も存在します。当時の起草者がどういう意図で日本版をアレンジしたかが、これを読むと分かります。(これは一般の会員には公開していません。なぜなら条文の解釈を誘導することになるからです。)

日本版会則を理解しようと思った時は、英語で書かれた雛形をさかのぼると良い。雛形にはアイアンガー導師の意図が正しく反映されているからです。(ただし英語なので読むのが大変。)

アイアンガー導師が起草された雛形は非常に民主的だと私は思います。例えば理事を選ぶ時も、先生の資格を持った認定指導員だけから理事を選ぶのではなく、一般会員の中からも理事を選出しています。つまり上級者だけに理事会運営を任せるのではなく、一般の会員からも意見を吸い上げなさい、という考えです。


ただ、いかに優れた会則であっても、それを良心的に運用してゆくかどうかは、会員の不断の努力にかかっているのです。【つづく】

a0274392_23442419.jpg
執筆者:山口博哉
京都駅の近くで、アイアンガーヨガの教室「ヨガ・インスティチュート京都駅」を開校しています。詳しくは下記にアクセス!
公式HP:http://www.iyengaryoga-kyoto.com
ブログ「アイアンガーヨガ百科全書」:http://yogaforall.exblog.jp
フェイスブック「アイアンガーヨガ随筆」:http://www.facebook.com/iyengar.kyoto
ツイッター「アイアンガーヨガ in 京都!」:https://twitter.com/#!/iyengar_kyoto

アイアンガーヨガ in 京都! ~京都にアイアンガーヨガを広めよう!~

[PR]
by iyengar-encyclo | 2016-02-16 23:46 | アイアンガーヨガ協会

アイアンガーヨガのあらゆる情報をすべての人に!
by iyengar-encyclo
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> 最新の記事
信じる力
at 2016-05-31 00:09
ヨガアサナの名称
at 2016-05-20 20:55
ヨガ・インストラクターとして..
at 2016-05-18 00:01
子供への虐待
at 2016-05-10 20:54
ヨガの映画
at 2016-04-15 23:18
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧