> 日本アイアンガーヨガ協会・第5期監査委員の任期を終えて(2‐2)
日本アイアンガーヨガ協会・第5期監査委員の任期を終えて(2‐2)


現在の協会の会則では、「監査委員を監査する」ことが困難であるため、人に対するより以上に、自分の行動を律するよう気をつけました。

たとえば経費についても、「この交通費は経費として請求してよいのか? 自前のものと考えるべきなのか?」と迷う場合は、無難に「自前」とし、経費を請求しないよう努め、身辺をクリーンにするよう、またクリーンに見られるよう努めました。

また世間の家族経営の会社などでは、「親が社長で、息子が監査役。監査役は父親の言う通りに動くロボット」というパターンが多いそうですが、日本アイアンガーヨガ協会は、そうあってはなりません。
監査委員は「うるさい役」「憎まれ役」であるくらいが、ちょうど良いのです。

しかし、あくまでも「理事会という体制」を守ることが第一の目的であり、批判的な視点を持ちつつも、監査委員は究極は「理事長を助け支える存在」であらねばなりません。
その理事長を20159月に辞任させてしまったということは、監査委員として失格であり、私も一緒に辞任しようと思いましたが、これ以上の混乱を避けるため任期をまっとうしようと思い直しました。

現在の日本アイアンガーヨガ協会は、ガソリンがほとんど残っておらず、いつストップするかもしれない車のようなもので、大変な危機の中にあります。
そういう真実を正確に冷静に協会員へ伝え、胸襟を開いて本音で議論をしなければならないのに、あたかも「何も問題はない」かのように装うことは、真実にフタをしていることと同じになってしまう。それはしてはならない…。
これが私の監査委員としての信念です。

任期中、協会員のみなさんから励ましの言葉やご支援を頂戴しました。心より御礼申し上げます。

山口博哉(アイアンガーヨガ 京都) http://www.iyengaryoga-kyoto.com

a0274392_19014992.jpg

執筆者:山口博哉
京都駅の近くで、アイアンガーヨガの教室「ヨガ・インスティチュート京都駅」を開校しています。詳しくは下記にアクセス!
公式HP:http://www.iyengaryoga-kyoto.com
ブログ「アイアンガーヨガ百科全書」:http://yogaforall.exblog.jp
フェイスブック「アイアンガーヨガ随筆」:http://www.facebook.com/iyengar.kyoto
ツイッター「アイアンガーヨガ in 京都!」:https://twitter.com/#!/iyengar_kyoto

アイアンガーヨガ in 京都! ~京都にアイアンガーヨガを広めよう!~

[PR]
by iyengar-encyclo | 2016-04-03 19:03 | アイアンガーヨガ協会

アイアンガーヨガのあらゆる情報をすべての人に!
by iyengar-encyclo
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> タグ
> 最新の記事
信じる力
at 2016-05-31 00:09
ヨガアサナの名称
at 2016-05-20 20:55
ヨガ・インストラクターとして..
at 2016-05-18 00:01
子供への虐待
at 2016-05-10 20:54
ヨガの映画
at 2016-04-15 23:18
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧