カテゴリ:未分類( 6 )
疑問の氷解
疑問の氷解


アイアンガーヨガのワークショップは早口で説明され、生徒はすべての説明を受け取れない…という話を、2015年9月28日投稿の「ビリア先生のコンベンション」で書きました。その好例を御紹介します。

9年前にフランスでビリア先生から、「パリヴリッタ・スプタ・パーダーングシュタアサナでは下の足は傾けてよい」という指示を受け、帰国してから何度もこのポーズを復習したのですが、どうにも合点がいかない。足を傾けないほうが捻りを強く感じられるのです(写真2枚)。

しかしビリア先生が間違った指示を出されるわけはないし、「不思議だ…」と長年思い続けてきました。何度練習しても、足を傾けないほうがポーズとして正しいように感じるのです。

a0274392_22174868.jpg
a0274392_22175969.jpg

そういう訳で、私はこのポーズに対して確たる自信がなく、生徒にもあまり教えてきませんでした。アイアンガーヨガでは「自分が心底納得できたポーズだけを教える」のがルールだからです。

今回ビリア先生のコンベンション中たまたまこのポーズが出て、「足を傾けないのがクラシカルな練習で、アセスメントでもそうする。足を傾けるのは上級者向け」との説明があり、9年間の疑問が氷解しました。私の疑問は間違いではなかったと分かりホッとしました。しかし「どういうふうに上級者向けなのか?」の説明を深く理解できなかったので、それは次回への宿題となりました。

教えられたことを、ただ生徒に伝えるのは危険です。まずは自分が納得いくまで練習し、自分の身体にポーズを刻みつけるよう努めましょう。

執筆者:山口博哉
京都駅の近くで、アイアンガーヨガの教室「ヨガ・インスティチュート京都駅」を開校しています。詳しくは下記にアクセス!
公式HP:http://www.iyengaryoga-kyoto.com
ブログ「アイアンガーヨガ百科全書」:http://yogaforall.exblog.jp
フェイスブック「アイアンガーヨガ随筆」:http://www.facebook.com/iyengar.kyoto
ツイッター「アイアンガーヨガ in 京都!」:https://twitter.com/#!/iyengar_kyoto

アイアンガーヨガ in 京都! ~京都にアイアンガーヨガを広めよう!~

[PR]
by iyengar-encyclo | 2015-10-07 22:18
私の生徒がClaudia Altucher氏の文章を翻訳してくれました
私の生徒がClaudia Altucher氏の文章を翻訳してくれました

私の生徒がClaudia Altucher氏の文章を翻訳してくれました。ぜひ読んで、多くの人に広めて下さい。

==============================

ヨガの先生であり、作家でもあるClaudia Altucher さんが、アイアンガー先生から直接に学ばれた人生に於ける10の教訓を、アイアンガー先生が亡くなられた翌日に書いておられました。興味深く感じ、拙いですが、日本語に訳してみました。

『BKSアイアンガーから学んだ10の人生教訓』
- Claudia Altucher -

BKSアイアンガーが、亡くなった。ヨガ教師の教師としての彼と共に私たちは成長して来たが、その人が亡くなるのを見るのは悲しいことだ。彼から直接学んだ10のこと、ある理由のために私の想像力に突き刺さり、そして、決して私から去ろうとしない、その10のことと共に、私は彼を思い出したい。

私が、本からそれらを学んだのであろうと、Youtubeのビデオからそれらを聞いて学んだのであろうと、彼の言葉が共感を与えたところで彼が話す時、彼は、この不思議な力を持っていた。

1.門番を忘れなさい、しかし、伝統を尊重しなさい。

アイアンガーが、彼の先生(ほかならぬクリシュナマチュリア)にプラナヤマを教えてくれるように頼んだ。何が起こったか想像してほしい。
彼は、「だめだ。」と言った。なぜなら、アイアンガーがあまりにも病弱なので進んで教えることが出来なかったからだ。

アイアンガーは、あきらめたか?とんでもない!彼は、先生を密かに見張り、勉強するために神経単位の技術で忠実な描写を使い、彼の先生がしたことをまねて、彼がどのように練習するべきかを見出した。それから、彼は自分自身で勉強した。私たちが学びたい時、何ものも私たちを止めることができない。いつも道があるものだ。

彼は、伝統を尊重しなかったという人もいるかもしれない。しかし、彼は、古代の原典を見て、彼の先生を観察し、そして、彼にできる最善を尽くした。そして、私を含めた何百万という人々が、それから学んだのだ。

2.半時間の練習ごとに、5分の休憩時間を取りなさい。

「練習」という言葉は、あなた方がすでに練習したことを使う時期があることを暗示しているのを忘れてはいけない。アイアンガーは、練習と生活の間に偉大な均衡を保っていた。

もし、私たちが練習の後で、神経のシステムを回復する時間を取らなかったならば、興奮し、神経質に振る舞ってしまう危険を侵すことになるだろう。それでは、練習の価値がない。

3.コンスタントな練習がヨガにおいて深まっていくには歳月がかかる

彼の著書「ハタヨガの真髄」は、ヨガにおける3年間のコースであるが、彼は、それをヨガにおける10年間のコースであるとも書くことができたと、彼はかつて言った。

それは、スピードや達成についてではない。それはヨガについてである。

4.正確さを正しく理解しなさい。

「練習する時、私は哲学者であり、教える時、私は科学者であり、そしてデモンストレーションする時、私は芸術家である。」
-B.K.S.アイアンガー –

彼が、『重要なことは、正確さ、定義、そして、何が機能しているかを示すことである』ということを教えているとき、また、彼が、それを実践して示している時、それは動の芸術であり、また静の芸術である。

練習は、技術を導き、そのことは、ヨガがどのように身体と魂を織り交ぜるかということの微細な区別を詳細に正しく評価することを導く。これは、ヨガの芸術である。

5.ライオンのようになることを学びなさい。

アイアンガーは、「ライオン」として知られていた。彼は、クラスでは非常に厳しかった、なぜならば、彼は人々が十分に鍛錬され、実践の形式を尊重することを望んだからだ。

彼を思い出すたびに、私がマットの上にいる間、私はもう一度ポーズを試そうとしたり、より多くの心構えを持ってポーズをしようとしたり、あるいは、その中により長くとどまろうとするのだ。ヨガだけでなく、人生における全てにおいて、どんな時にも、いつも、ほんの少しでもより深く行きなさい。

6.ヨガは生きている、そして、時間と共に変化しなければならない

ヨガの練習と共により深まり続けること、私たちが練習する時、私たちが習うことと神の知性から私たちが「ダウンロード」することの間のバランスを見つけることは、私たちの責任である。

ヨガは、静的で決して変化しないことが必要であると信じることは、単に誤りだ。真実ではない。万物は、変化する。

7.あなたの誕生日には、あなたの年齢と同じ数だけバックベンドをしなさい。

アイアンガーは、この伝統を固守した、しかし、私は、これができたことがない。おそらく私の背中は、まだそこに至っていないのだろう。おそらく私は違っているのであろう。

しかし、私はこのことで、彼を賞賛する。というのは、チャレンジすることで、彼は、彼自身の背中を若く保ったからだ。これは、彼がした方法だ。これが、あなたが95才まで生きる方法だ。

8.理性の殻から、解き放たれなさい、たとえ、困難であるとしても..

私は、物事に名前を付けたがる私の脳ではなくて、身体全体と心で自然の良さを味わってみようとしている。それは、簡単ではない。ものに名付けるのではなく、むしろそれら(名前)と一緒にいる存在が、きわめてやり甲斐があるものなのだ。現在、そうしてみようと思っている。

9.ヨガは、人生のあらゆる領域でエネルギーを与えてくれる。

アイアンガーにとって、ヨガはマットの上だけに限定されたものではなかった。彼は、彼の死まで毎日、講義をし、旅をし、本を書いた。

あなたが、何に興味を持とうが、世界を変えるいかなることをしようが、命ある限り、生活のあらゆる領域で、ヨガを行ってください。 それが、アイアンガーがヨガに関してやったことであり、私が情熱を捧げている生活のあらゆる場面でやりたいと思っていることである。

10.死ぬことを恐れるな。

それは、彼の最後の著作である「心のヨガ」からの引用です。

「ヨギは、生に執着することを恥じる兵士のように、そして、聖人のように、恐れずに死に向かって歩を進めるのだ、なぜなら彼は、もうすでに最高のリアリティとして、彼が認識している不変性の一部であるからです。」

私たちは、死ぬことを恐れる、なぜなら私たちは、生きていないことを恐れるからだ。

私たちは、生きなければならない。

執筆者:山口博哉
京都駅の近くで、アイアンガーヨガの教室「ヨガ・インスティチュート京都駅」を開校しています。詳しくは下記にアクセス!


公式HP:
http://www.iyengaryoga-kyoto.com
ブログ「アイアンガーヨガ百科全書」:
http://yogaforall.exblog.jp/
フェイスブック「アイアンガーヨガ随筆」:
http://www.facebook.com/iyengar.kyoto
ツイッター「アイアンガーヨガ in 京都!」:
https://twitter.com/#!/iyengar_kyoto

アイアンガーヨガ in 京都!
    ~京都にアイアンガーヨガを広めよう!~

[PR]
by iyengar-encyclo | 2014-09-21 23:26
アドー・ムカ・ヴリクシャアサナの手②(The hands of Adho Mukha Vrksasana②)
アドー・ムカ・ヴリクシャアサナの手②(The hands of Adho Mukha Vrksasana②)

写真①
両手をマットに強く押し当て、アドー・ムカ・シュヴァーナアサナに入ります。(この段階では、腕と脚の双方に均等に力がかかっています。)
a0274392_21554036.jpg

写真②
それから両足を合わせ、少しずつ前に歩いてゆきます。この間、腕の力は弱めず、ずっと真っ直ぐに伸ばし続けます。
a0274392_2156221.jpg

写真③
そして、きき足の方から振り上げ、両脚を上げます。
a0274392_215621100.jpg

こうしてアドー・ムカ・ヴリクシャアサナに入るのですが、手の押し具合は、アドー・ムカ・シュヴァーナアサナの時と、基本は変わりません。かかる力の度合いが強まっただけです。したがって手に関する限り、この2つのアサナは同じ部類なのです。

アドー・ムカ・ヴリクシャアサナをしている最中、手根骨からスタートし、腕、上体、脚に向かって、エネルギーが昇華してゆくのが感じられると思います。その際、「手全体」というよりも、「手根骨」に意識を集中したほうが、このエネルギー昇華は感じとりやすいでしょう。
このような練習方法を試してみて下さい。【この項、終わり】

執筆者:山口博哉
京都駅の近くで、アイアンガーヨガの教室「ヨガ・インスティチュート京都駅」を開校しています。詳しくは下記にアクセス!


公式HP:
http://www.iyengaryoga-kyoto.com
ブログ「アイアンガーヨガ百科全書」:
http://yogaforall.exblog.jp/
フェイスブック「アイアンガーヨガ随筆」:
http://www.facebook.com/iyengar.kyoto
ツイッター「アイアンガーヨガ in 京都!」:
https://twitter.com/#!/iyengar_kyoto

アイアンガーヨガ in 京都!
    ~京都にアイアンガーヨガを広めよう!~

[PR]
by iyengar-encyclo | 2014-04-13 21:56
歌舞伎・家と血と藝(“Kabuki ; The family, the blood, and the art”)
歌舞伎・家と血と藝(“Kabuki ; The family, the blood, and the art”)

京都は歌舞伎発祥の地です。興行としては南座の地位は低くなってしまい、東京の歌舞伎座が優位な状態ですが、今でも日本舞踊や花街などの伝統芸能、または伝統工芸の中に、歌舞伎的要素が町や人々の中に生きています。

私は映画が専門なので、歌舞伎はそれほど詳しくないのですが、今まで読んできた歌舞伎本の中で、バツグンに面白い一冊に最近出会いました。講談社現代新書から出版された「歌舞伎・家と血と藝」(中川右介)という本です。歌舞伎役者を批評したものではなく、タイトル通り、明治以降の家系と血統と芸風がどのように継承されてきたかを、スリリングに解説しています。まるで極上のサスペンス小説を読んでいるようです。今までこういう切り口の本がなかっただけに、とても新鮮でした。

歌舞伎界の権力闘争は「東京の歌舞伎座で主役を演じること」を目的とするとか、守田家の養子である玉三郎が、なぜ守田玉三郎でなく坂東玉三郎という名前になるのかとか、十三代目片岡仁左衛門はどのようにして三男(もとの片岡孝夫)に十五代目を継がせたかなど、興味津々の話が続きます。

私は本を購入したら、貴重書でない限り、面白いと感じた箇所にドシドシ赤線を引いて本を「汚してゆく」タイプの本好きですが、この本に関しては赤線だらけになってしまいました。それほどに面白かった。奥付を見ても、2013年8月20日第1刷発行から、わずか1ヵ月足らずで第3刷が発行されています。出版不況の昨今、珍しい売れ行きです。

一般家庭と同様、歌舞伎界でも自分の子供に良い役を与えたいと願うのが親心。しかし親という後ろ盾を失ったり、容姿が悪かったり、早死にしたり、養子をとった後で実子が生まれたりと、歌舞伎役者の世界も波瀾万丈です。そういう人間くささが、歌舞伎の魅力でもあるんですねー。

この本を読んだら、とにかく劇場で歌舞伎が見たくなりますよ!
講談社、1200円、ISBN-9784062882217。
a0274392_2355633.jpg

執筆者:山口博哉
京都駅の近くで、アイアンガーヨガの教室「ヨガ・インスティチュート京都駅」を開校しています。詳しくは下記にアクセス!


公式HP:
http://www.iyengaryoga-kyoto.com
ブログ「アイアンガーヨガ百科全書」:
http://yogaforall.exblog.jp/
フェイスブック「アイアンガーヨガ随筆」:
http://www.facebook.com/iyengar.kyoto
ツイッター「アイアンガーヨガ in 京都!」:
https://twitter.com/#!/iyengar_kyoto

アイアンガーヨガ in 京都!
    ~京都にアイアンガーヨガを広めよう!~

[PR]
by iyengar-encyclo | 2014-03-10 23:53
体臭は内側から改善しよう (Improve a smell from inside)
体臭は内側から改善しよう (Improve a smell from inside)

世の中にはたくさんの消臭グッズが売られています。現代人は匂いに対して敏感になってきていますが、それは行き過ぎた潔癖症や厭人シンドロームが原因であろうと思います。(脱毛も同じ現象です。) しかし匂いにしろ毛髪にしろ、もっとも生々しい人間存在の証であるので、過剰な消臭や脱毛は「現代人の心の病」に拍車をかけるものであり、ほどほどにしておかねばなりません。

しかし不思議と、ヨガを続けていると、自然に悪い体臭がなくなってゆき、汗をかいても悪臭ではなくなってきます。体内の濾過機能が向上するので、悪い成分が違うルートから排出されるんでしょうね。私も(自分では)ひどい体臭はないと思っていますが、それでも野菜をたくさん食べた日と、肉魚をたくさん食べた日とでは、体臭に変化があるのが分かります。肉食は悪い体臭を発生させます。

こういった体臭問題を、消臭スプレーや口臭ガムなどを使って外から変えようと思っても、あまり効果がないようです。それよりもヨガで消化機能や循環器を向上させ、内側から変えてゆくほうが、結局「遠回りに見えて、実は近回り」になります。

体臭問題は、つまるところ、身体と心の内側の問題なのです。身体と心に、花や蜜の香りがするような人間になりましょう。

執筆者:山口博哉
京都駅の近くで、アイアンガーヨガの教室「ヨガ・インスティチュート京都駅」を開校しています。詳しくは下記にアクセス!


公式HP:
http://www.iyengaryoga-kyoto.com
ブログ「アイアンガーヨガ百科全書」:
http://yogaforall.exblog.jp/
フェイスブック「アイアンガーヨガ随筆」:
http://www.facebook.com/iyengar.kyoto
ツイッター「アイアンガーヨガ in 京都!」:
https://twitter.com/#!/iyengar_kyoto

アイアンガーヨガ in 京都!
    ~京都にアイアンガーヨガを広めよう!~

[PR]
by iyengar-encyclo | 2013-09-09 00:21
アイアンガーヨガ哲学の難しい点
アイアンガーヨガ哲学の難しい点(The difficulty of Iyengar Yoga philosophy)

ふつうの日本人は、よく「心と体を鍛えよう」というふうに、人間存在を「心」と「体」の2つに分類して考える傾向があります。つまり「物理的に存在するもの」と「物理的に存在しないもの」ですね。
しかしアイアンガーヨガの本を読んでいると、様々な言葉が出てきます。心、体、知性、意識、魂、霊、知識、知覚、精神、感覚、などなど。
かつては、「アイアンガーヨガの3大柱」として、よく「身体、知性、心」という表現がなされてきました。(最近は「身体、呼吸、心」に変わってきています。) 知性と心は、どう違うのか? 知性も心も、物理的に存在しないものだから、同じものではないのか? そう考えてゆくと、こういった言葉を理解することは、とても難しいことです。

私は、計算機を例にして、こんな風に考えています。
ICチップは脳のようなもの。
カバーやボタンやソーラー電池といった部分が、身体に相当する。
しかし計算機は、ICチップやボタン等だけで存在しているのではありません。たとえば机の上に置いて計算をしたり、片手で持って、反対の手でボタンを押したり、あるいはポケットに入れたりと、それぞれ「机」「手」「ポケット」という「場」が必要となります。
ICチップが知性であり、カバーやボタンが身体であり、そして「場」が心に相当すると、私は考えています。
う~ん、よけい理解が難しくなったかも……(笑)。

執筆者:山口博哉
京都駅の近くで、アイアンガーヨガの教室「ヨガ・インスティチュート京都駅」を開校しています。詳しくは下記にアクセス!

公式HP:
http://www.iyengaryoga-kyoto.com
ブログ「アイアンガーヨガ百科全書」:
http://yogaforall.exblog.jp/
フェイスブック「アイアンガーヨガ随筆」:
http://www.facebook.com/iyengar.kyoto
ツイッター「アイアンガーヨガ in 京都!」:
https://twitter.com/#!/iyengar_kyoto


アイアンガーヨガ in 京都!
    ~京都にアイアンガーヨガを広めよう!~

[PR]
by iyengar-encyclo | 2013-04-23 02:04
   

アイアンガーヨガのあらゆる情報をすべての人に!
by iyengar-encyclo
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> 最新の記事
信じる力
at 2016-05-31 00:09
ヨガアサナの名称
at 2016-05-20 20:55
ヨガ・インストラクターとして..
at 2016-05-18 00:01
子供への虐待
at 2016-05-10 20:54
ヨガの映画
at 2016-04-15 23:18
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧