<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
アサナ練習は苦行か?
アサナ練習は苦行か?


アイアンガーヨガのアサナ練習は「きつい」印象を持たれます。実際レッスン中は「もっと伸ばして!」とか「あと5回がんばって!」といった指示が飛びかいます。他流派のヨガから見れば「アイアンガーヨガはサディスティックだ」と思われることでしょう。


体が堅い人が柔軟性を獲得してゆく過程や、体の柔らかい人が深層部から身体を改善してゆく過程では、きつい練習をして身体的に「苦行」を経験することは避けられない事かもしれません。ここで思い出されるのは仏陀が苦行を経験した後、苦行の無意味を悟るエピソードです。これは苦行の否定を意味すると同時に、一度は苦行を経験しなければ悟りに達しないという二重の意味が含まれています。

a0274392_22405994.jpg

私はアイアンガーヨガを始めてから約7年間は、まったく機械的にレッスンに通っただけで、ちっとも自覚的にヨガを練習しませんでした。その後、意識的に練習を開始しましたが、むやみに一所懸命に練習するばかりで、そういう自分に満足しつつも、「何か違う」という思いが頭から離れませんでした。



13年目くらいから、ようやくリラックスしてアサナを練習できるようになったのです。しかしリラックスしながら練習することは、一方では「手を抜いている」という思いも生じます。自分はリラックスしながらアサナを練習しているのか、自分を騙してラクしているだけなのか? その自問自答は常に感じています。それでも私はリラックスを獲得してから、格段に自分のヨガが向上したと確信しています。



アイアンガーヨガの初心者は、最初はとにかく頑張って練習をしましょう。その過程はとても大切です。そしてある域に達した時、リラックスしながら練習して下さい。肩を下ろし、頭の位置を調整し、口を柔らかくして呼吸を調整することが、リラックスの秘訣です。

執筆者:山口博哉
京都駅の近くで、アイアンガーヨガの教室「ヨガ・インスティチュート京都駅」を開校しています。詳しくは下記にアクセス!
公式HP:http://www.iyengaryoga-kyoto.com
ブログ「アイアンガーヨガ百科全書」:http://yogaforall.exblog.jp
フェイスブック「アイアンガーヨガ随筆」:http://www.facebook.com/iyengar.kyoto
ツイッター「アイアンガーヨガ in 京都!」:https://twitter.com/#!/iyengar_kyoto

アイアンガーヨガ in 京都! ~京都にアイアンガーヨガを広めよう!~


[PR]
by iyengar-encyclo | 2015-10-11 22:42 | アサナ
疑問の氷解
疑問の氷解


アイアンガーヨガのワークショップは早口で説明され、生徒はすべての説明を受け取れない…という話を、2015年9月28日投稿の「ビリア先生のコンベンション」で書きました。その好例を御紹介します。

9年前にフランスでビリア先生から、「パリヴリッタ・スプタ・パーダーングシュタアサナでは下の足は傾けてよい」という指示を受け、帰国してから何度もこのポーズを復習したのですが、どうにも合点がいかない。足を傾けないほうが捻りを強く感じられるのです(写真2枚)。

しかしビリア先生が間違った指示を出されるわけはないし、「不思議だ…」と長年思い続けてきました。何度練習しても、足を傾けないほうがポーズとして正しいように感じるのです。

a0274392_22174868.jpg
a0274392_22175969.jpg

そういう訳で、私はこのポーズに対して確たる自信がなく、生徒にもあまり教えてきませんでした。アイアンガーヨガでは「自分が心底納得できたポーズだけを教える」のがルールだからです。

今回ビリア先生のコンベンション中たまたまこのポーズが出て、「足を傾けないのがクラシカルな練習で、アセスメントでもそうする。足を傾けるのは上級者向け」との説明があり、9年間の疑問が氷解しました。私の疑問は間違いではなかったと分かりホッとしました。しかし「どういうふうに上級者向けなのか?」の説明を深く理解できなかったので、それは次回への宿題となりました。

教えられたことを、ただ生徒に伝えるのは危険です。まずは自分が納得いくまで練習し、自分の身体にポーズを刻みつけるよう努めましょう。

執筆者:山口博哉
京都駅の近くで、アイアンガーヨガの教室「ヨガ・インスティチュート京都駅」を開校しています。詳しくは下記にアクセス!
公式HP:http://www.iyengaryoga-kyoto.com
ブログ「アイアンガーヨガ百科全書」:http://yogaforall.exblog.jp
フェイスブック「アイアンガーヨガ随筆」:http://www.facebook.com/iyengar.kyoto
ツイッター「アイアンガーヨガ in 京都!」:https://twitter.com/#!/iyengar_kyoto

アイアンガーヨガ in 京都! ~京都にアイアンガーヨガを広めよう!~

[PR]
by iyengar-encyclo | 2015-10-07 22:18
アサナ名の変換方法
アサナ名の変換方法


ビリア先生のコンベンションの記録をもっか整理しています。その際アサナ名をパソコンに打込む作業をしなければなりませんが、私は自作の辞書登録をしているので変換がめちゃめちゃラクです。

a0274392_19011662.jpg
Vrksasanaを日本語に変換する場合、いろいろな表記が考えられます。
ブルクシャアサナ

ヴルックシアサナ

ブリックシャーアサナ……

そのつど変換すると頭が混乱し統一表記になりません。


アサナ名の表記は、新版「ハタヨガの真髄」の表記に準ずるのが、今の日本アイアンガーヨガ界の標準となっていますが、それをいちいち調べるのは面倒であり、誤植のもとです。
そこで私は生徒に手伝ってもらって、テキストファイルから辞書を作成する方法を2012年にネット上で公開しました。辞書を作るまでは少々面倒ですが、いったん辞書を作るとアサナ名の打込みがものすご~くラクになります。

あらためて公開しますので、みなさんぜひ辞書を作ってみて下さい。

http://yogaforall.exblog.jp/16993294/

http://yogaforall.exblog.jp/15699146/

http://yogaforall.exblog.jp/15751286/

http://yogaforall.exblog.jp/15825959/

http://yogaforall.exblog.jp/15872509/


以上です。

アイアンガーヨガ 京都 山口博哉 http://www.iyengaryoga-kyoto.com


執筆者:山口博哉
京都駅の近くで、アイアンガーヨガの教室「ヨガ・インスティチュート京都駅」を開校しています。詳しくは下記にアクセス!
公式HP:http://www.iyengaryoga-kyoto.com
ブログ「アイアンガーヨガ百科全書」:http://yogaforall.exblog.jp
フェイスブック「アイアンガーヨガ随筆」:http://www.facebook.com/iyengar.kyoto
ツイッター「アイアンガーヨガ in 京都!」:https://twitter.com/#!/iyengar_kyoto

アイアンガーヨガ in 京都! ~京都にアイアンガーヨガを広めよう!~

[PR]
by iyengar-encyclo | 2015-10-05 19:02 | ヨガ用語
アサナの名称

アサナの名称


アサナの名称については、いろんな人がいろんな表記をしています。アイアンガーヨガの世界では、本「ハタヨガの真髄」の表記を基準にするよう指示されていますが、実際に流通されている表記との間に違いが生じています。

例えば、スプタ・パーダーングシュタアサナ(Supta Padangusthasana)。これの「Ⅰ」は片脚を上げるポーズですが、「Ⅱ」は「ハタヨガの真髄」では脚を曲げるポーズです。しかし現在の日本のアイアンガーヨガ・コミュニティーでは、開脚するのを「Ⅱ」と称しています。私は自分の生徒には「ハタヨガの真髄」の表記を教えていますが、念のため「開脚をⅡと言う場合もあります」と付け足して説明しています。

今回のビリア先生のコンベンションでは、脚を曲げるのを「スプタ・パーダーングシュタアサナⅡ」と仰っていたので、何となく嬉しかったです。

a0274392_01090701.jpg
a0274392_01091283.jpg
a0274392_01091806.jpg
こういった表記の違いに出会ったとき、「私の使ってる表記とは違う!」などと怒るのではなく、「そういう表記もあるんだな~」と楽しめば、ストレスが溜まりません。

ある先生が、パドマアサナでバッダングリアをしながら、「パルヴァタアサナ、もしくは、ウールドヴァ・バッダ・ハスタアサナ in パドマアサナとも言う。どっちでも良い」とニッコリ笑って仰った時、アサナの名称でイライラすることの愚かさを教えて頂いた気持ちになりました。

執筆者:山口博哉
京都駅の近くで、アイアンガーヨガの教室「ヨガ・インスティチュート京都駅」を開校しています。詳しくは下記にアクセス!
公式HP:http://www.iyengaryoga-kyoto.com
ブログ「アイアンガーヨガ百科全書」:http://yogaforall.exblog.jp
フェイスブック「アイアンガーヨガ随筆」:http://www.facebook.com/iyengar.kyoto
ツイッター「アイアンガーヨガ in 京都!」:https://twitter.com/#!/iyengar_kyoto

アイアンガーヨガ in 京都! ~京都にアイアンガーヨガを広めよう!~


[PR]
by iyengar-encyclo | 2015-10-03 01:10 | アサナ
   

アイアンガーヨガのあらゆる情報をすべての人に!
by iyengar-encyclo
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> 最新の記事
信じる力
at 2016-05-31 00:09
ヨガアサナの名称
at 2016-05-20 20:55
ヨガ・インストラクターとして..
at 2016-05-18 00:01
子供への虐待
at 2016-05-10 20:54
ヨガの映画
at 2016-04-15 23:18
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧